本文へスキップ

IT統制監査の基本を5分でナビゲートするポータルサイト

IT統制・システム監査の専門情報サイトです。

ウォーターフォールモデル

トップページ > システム監査用語集 > ウォーターフォールモデル  

ウォーターフォールモデル<Waterfall Model>

開発の各段階を逐次的な手順によって進めるシステム開発方法であり、大規模なシステム開発に向いた開発手法です。水が上から下に滝のように流れるように、一つ一つの工程を進めていくことからこの名称となっています。
システム監査の実務においては、工程ごとにステップ踏んでプロジェクトが進められているかを検証することも求められます。例えば、設計工程であれば、設計書のレビューや承認が適切な査閲者や管理者によって、レビュー・承認さえていることを確かめる手続き等が挙がられます。

メリット  開発全体を見通しやすいため、スケジュールの決定やリソースの配分等のプロジェクト管理を行いやすい。 
 デメリット  工程の後戻りが困難なため、仕様変更に柔軟に対応することが困難である。




●関連リンク